会社概要

 沿 革 

1942年
12月
日本無線株式会社上田工場の建設に先立って、上田市新参町に上田工業訓練所を開設。
技能養成と無線機部品の製作を開始。
1943年
4 月
現在地に工場2棟を完成。主に航空無線機部品の製作を開始。その後、翌1944年・45年にも新工場を建設し航空機用方位測定機、機上無線送受信機等を加え次第に増加。
1945年
8 月
終戦により工場を一時閉鎖。
1946年
4 月
民需転換の許可を得て工場を再開。
1949年
10月
企業再建整備法および過度経済力集中排除法の適用をうけ、旧日本無線株式会社の第2会社として、新たに上田日本無線株式会社が、資本金700万円、従業員190名にて発足。
船舶用無線、通信機、測定器並びに無線送信機等を製作。
1967年
1 月
生産拡大に伴い、101工場(2階建)および250人収容の新食堂を完成。
1971年
6 月
厚生会館(2階建・延662㎡)を完成。
1974年
5 月
新鋭工作機械および、省力機器導入のため105工場(3階建・延3,088㎡)を完成。
1979年
9 月
創立30周年にあたり、103工場(3階建・延3,088㎡)を完成、増産体制確立。
1980年
5 月
戸倉工場(469.28㎡)を開設。
 
6 月
上田市大屋に開発部門の一部を移転し、大屋工場として開設。
日無工芸株式会社(476.28㎡)を設立。
1981年
9 月
生産体制充実のため、102工場(4階建・延4,167㎡)を完成、および大型電算機の導入。
1983年
2 月
日本無線三鷹製作所内に東京分室を開設し、営業並びに技術の拠点とする。
1985年
2 月
106工場第1期(4階建・延4,700㎡)を完成。
 
8 月
管理棟(2階建・延798㎡)を完成。
1986年
11月
東京連絡事務所を開設し、営業技術、資材調達の拠点とする。
1988年
2 月
長瀬工場(282.87㎡)開設。
浅科ニチム株式会社(3,160.25㎡)を設立。
 
8 月
小牧工場(2階建・延1,297.86㎡)開設。
1989年
5 月
106工場第2期(5階建・総延9,327㎡)を完成。
1992年
9 月
東京連絡事務所を東京営業所に改組。
 
11月
国道側緑地帯が、第1回上田市都市景観賞受賞。
 
12月
小牧工場(3階建・総延3,099.48㎡)を増設。
1993年
10月
ISO 9002認証取得。
1995年
12月
ISO 9001認証取得。
1996年
7 月
営業本部の主体を東京営業所に移動し、東京営業所を増強。同時に上田営業所開設。
1999年
10月
創立50周年。
ISO 14001認証取得。
2001年
4 月
上田ニチム総合ビジネスサービス株式会社を設立。
2006年
8 月
ISO 13485 認証取得。
2009年
12月
医療機器製造許可証取得。
第2種医療機器製造販売業許可証取得。
2010年
2 月
医療機器修理業許可証取得。
2012年
9 月
ISO 9001、ISO13485の認証機関をJQA(日本品質保証機構)からTUV(テュフ・ラインランド・ジャパン)に移転。(海外での顧客増を図るため)
2014年
4 月
新126号棟(2階建・延2,025.96㎡)を完成。
2015年
4 月
川越工場開設。
2016年
3 月
日本無線株式会社による完全子会社化。