会社概要

社会・環境活動・健康経営の取り組み

1.SDGsへの取り組み

上田日本無線では、「環境・エネルギーカンパニー」グループとしての歩みを進め「ライフ&ヘルスケア」の事業を推進していきます。保有する技術の活用とソリューション展開を通じて、メディカルに限定せず、モノづくりで極めた技術や製品を活用したサービス事業を展開するなど、事業をとおしてSDGsへ貢献していきます。

SDGs

2.環境

当社は地球環境保全の取り組みを企業活動の重要な課題の一つと位置づけ、
企業活動の全ての領域で環境保全を重視した活動を展開しています。

環境方針

基本理念

当社は、経営理念「エレクトロニクス技術をもって、人類の健康と安全に寄与し、情報通信分野に貢献する」に基づき、地球環境の保全が重要課題の一つである事を認識し、事業活動のあらゆる段階で、環境の保全に配慮して行動する。

基本方針

環境目標取り組み結果報告

・環境報告書2023

・環境報告書2024

グリーン調達の取り組み

・グリーン調達ガイドライン(第6.4版)

・環境負荷物質一覧表(第6.4版)

3.健康経営の取り組み

私たち上田日本無線は、従業員と組織の健康づくり推進により、一人ひとりが一層活躍できる環境の整備を通して、社会に必要とされ続ける企業を目指します。

(1) 健康宣言

・健康経営方針(健康宣言)

健康宣言書

(2) 健康経営推進体制

上田日本無線では、社長直轄の「健康づくり委員会」結成し、産業医及び衛生委員会と連携しながら健康経営を推進しています。また保健師を中心とし、定期健康診断などのデータに基づき、健康施策の企画立案・実行・分析を行っています。

(3) 健康経営の指標と目標設定

〇健康経営戦略マップ

弊社では、健康課題を解決するための目標達成に必要なプロセスを指標化しています。従業員が率先して健康経営に参画し、自らの生活習慣の改善やパフォーマンス向上につながる様推進しています。

健康戦略マップ


健康経営の実施により、以下を目指しています。


(4) 健康経営における自社の課題と取り組み方針

【重点目標】 特定保健指導の受診率が低く(20~25%ほど)対象者も毎年同じ傾向。年齢があがるにつれて疾病発症に繋がるリスクが高くなっているので受診率を上げ予防につなげたい。

項目 実績
2022年
今年度目標
2023年
最終目標
2024年
特定保健指導実施率35%以上 24.7% 50.0% 100.0%

【推進計画】特定健康指導の必要性について周知を行い対象者に対して産業医や保健師、健康推進委員から個別に受診勧奨を行う。
実際に特定保健指導を受け改善につながったケースなどを社報等で発信したり、受診の有効性やメリットを具体的に周知することで受診率の向上につなげる。


(5) 労働安全衛生に関する指標

項目 2023年度目標 2022年度実績 2021年度実績 2020年度実績
労働災害に関する指標 0件 0件 0件 1件
通勤災害に関する指標 0件 0件 0件 0件

(6) 安全衛生委員会 議事録